So-net無料ブログ作成
検索選択

貞観地震 震源域「宮城県沖」より広く…9世紀(毎日新聞)

 9世紀中ごろに東北から北関東の広い範囲に津波をもたらした「貞観(じょうがん)地震」の震源域が、宮城県沖から福島県南部沖まで長さ200キロ、幅100キロに達する可能性のあることが、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などの解析で分かった。規模はマグニチュード(M)8.4と推定され、国が想定する宮城県沖地震(M7.5前後)の震源域より大きく南側に広がる未知の海溝型地震だった可能性がある。24日午後に千葉市で開かれている日本地球惑星科学連合大会で報告する。

【津波避難の注意点】高台へ、車で逃げない、貴重品はあきらめる

 研究グループは、宮城県石巻平野から福島県中部沿岸にかけての津波の痕跡調査を基に、コンピューター上で地震と津波を再現して震源域を検証。その結果、10パターンある仮定震源域のうち、最も大きな長さ200キロ、幅100キロの場合のみ、震源の深さを変えても痕跡の位置まで津波が浸水することを確認した。周期は特定できていないという。

 宮城県沖では、平均約37年周期でM7クラスの海溝型地震が発生。国の地震調査委員会は30年以内にM7.5前後の地震が発生する確率は99%と予測している。一般的に地震の規模と震源域の断層の長さとは一定の関係があり、M7で30〜40キロ、M8で100〜150キロといわれる。

 産総研の行谷佑一研究員は「宮城県沖でこれほど大きな地震が起きるとは考えられていなかった。より広い範囲で詳細な検討が必要だ」と話す。【八田浩輔】

 ◇貞観地震◇

 869(貞観11)年7月に発生。平安時代の歴史書「日本三代実録」には、仙台平野周辺で建物が崩壊し、津波で1000人の水死者が出たと記録されている。地震で生じた津波は北関東までの広い範囲に及び、仙台平野では現在より1キロ陸側にあったとみられる海岸線からさらに3キロ内陸で、津波の痕跡が見つかった。

【関連ニュース
災害情報:公式ツイッターで発信 消防庁
地籍調査:過去10年で実施5割未満 災害時混乱の恐れ
傷心のシバザクラ6000株 地すべりがあった斜面に咲く 兵庫・西宮
<写真で見る>大津波・津波警報に厳重警戒 列島各地が緊迫 2010年2月28日
<写真で見る>日本の津波対策

6〜8月は「北冷西暑」…気象庁3か月予報(読売新聞)
<三井造船>肺がん死亡男性の遺族が提訴 大阪地裁(毎日新聞)
普天間移設 シュワブ沿岸、日米合意 工法は9月に先送り(毎日新聞)
<民主党>消費増税明記か、見送りか 「小鳩」が最終判断 参院選公約、原案固まる(毎日新聞)
小杉元文相の妻逮捕=8900万詐欺容疑―元秘書も・警視庁(時事通信)

普天間問題で日米が本格的な実務者協議をスタート(産経新聞)

 【ワシントン=佐々木類】日米両政府は12日、国防総省で米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する外務、防衛当局の審議官級協議を行った。日本政府が「政府原案を固めた」(防衛省筋)ことを受け、本格的な実務者協議がスタートした。

 日本側は、現行案で移設先となっているキャンプ・シュワブ沿岸部のある名護市辺野古周辺にくい打ち桟橋方式で代替施設を建設する修正案を米側に説明したもようだ。ただ、米側はこれまで、くい打ち桟橋方式について、(1)テロへの対応が必要(2)工期が現行案より長期化する−などの理由で難色を示してきており、この日は日本側の説明を聞くにとどめたとみられる。

 協議には、日本側から外務省の冨田浩司北米局参事官、防衛省の黒江哲郎防衛政策局次長らが出席。米側はシファー国防次官補代理らがそれぞれ出席。12日朝から夕方まで7時間かけて日本側提案の実現可能性などについて突っ込んだ議論を行った。

【関連記事】
一体運用、地元合意が重要 普天間移設問題で米高官
鳩山首相が「6月以降も努力」と5月末決着断念を表明 普天間移設問題で
官房長官が負担分担要請 徳之島町議側は難色
普天間移設先で政府原案を初提示 日米課長級協議
12日、米側に「浅瀬案」正式提示 実務者協議
少子化を止めろ!

iPSから耳の細胞=難聴治療への応用期待―米の日本人研究者ら(時事通信)
福島党首、普天間県内移設なら閣議了解応じず(読売新聞)
マダガスカルの医療に奉仕する日本人女性の活動(医療介護CBニュース)
民も自もQちゃんに出馬打診(スポーツ報知)
外国人ハイエース盗、部品輸出の貿易会社社長ら逮捕へ(産経新聞)

海難事故 貨物船同士が衝突…1隻が転覆 周防灘(毎日新聞)

 10日午前4時半ごろ、大分県姫島村の北西約12キロの周防灘で、パナマ船籍の貨物船「シン・シャン」(1997トン、乗組員14人)と兵庫県姫路市の「岡田海運」の貨物船「第五早矢(そうや)丸」(495トン、同4人)が衝突、第五早矢丸が転覆した。第五早矢丸の乗組員は転覆前に救命ボートで脱出、シ号に救助され無事だった。シ号の乗組員にもけがはなかった。

 大分海上保安部によると、第五早矢丸は船尾が沈み、船首が海上に突き出た状態で漂流。長さ500メートル、幅10〜50メートルにわたり流出した油を巡視艇が処理している。【深津誠】

【関連ニュース
<海難事故の写真特集>イージス艦「あたご」衝突、漁船沈む
<海難事故の写真特集>漁船不明:10人乗り、長崎・五島列島沖で消息絶つ
海難事故:韓国籍貨物船、関門海峡で座礁 けが人なし
貨物船衝突:1隻沈没、2人が行方不明 鳴門海峡
海保:5月1日から緊急通報ダイヤル運用開始(00年4月)

強殺容疑で4人を再逮捕=一家3人殺害−長野県警(時事通信)
民主新人を推薦、自民現職は支援=参院選対応で−日医連(時事通信)
交付ミス1票多いまま、くじ引き当選…異議あり!(読売新聞)
野宿男は重要参考人!保護中に発覚、あわてて逮捕(スポーツ報知)
御柱祭 柱から落ち2人死亡 長野・諏訪大社(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。